【クラウドリース】【債権回収に関する報告】ME社~2019年1月~

クラウドリース

クラウドリース】【債権回収に関する報告】ME社~2019年1月~

クラウドリースの案件を昨年8月から始めていまして、2019年1月から元本含めての分配が始まる予定でしたが、1月9日遅延発生のメールが届きました。
その後、「債権回収に関する報告」のメールが届きました。始めたばかりのソーシャルレンディングでしかも1案件も完済を迎えないまま回収。。。できませんよね。

メール内容

投資家の皆様へ

株式会社CrowdLeaseより、2019年1月10日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、回収活動状況をご報告させていただきます。
該当の投資家の皆様への続報となります。

1月10日付【延滞に関するご報告】は、以下をご確認ください。

rmation/news?id=3093

1.回収活動状況についてhttps://www.crowdlease.jp/information/news?id=3093
1月15日、CrowdLease社(以下、当社)及び関連会社事業者F(以下、事業者F)に対し、事業者MEから、同社の現状及び今後の返済計画が送付されました。
1月10日付のご報告でもお示しいたしましたが、事業者Fが事業者MEに対して取り得る回収に向けた施策を改めてお示しいたします。
【1】事業者Fが所有する営業用動産設備(以下、対象動産)を第三者に売却することで得る売却代金からの回収
【2】事業者MEの代表者連帯保証人からの回収
【3】事業者MEの事業が継続されることを前提とした事業収益からの回収

(1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
改めてお伝えいたしますが、今回のファンド募集の対象資金は事業者Fによる事業者MEから対象動産を買取るための資金となります
今一度スキームをご説明いたしますと、事業者Fは事業者MEから対象動産を商社経由で事業者Fが買い取りました。
その上で、事業者Fは事業者MEに対して同一の対象動産を割賦にて販売する内容の売買契約を締結致しました。
この割賦による支払いの途中で延滞が発生いたしました。
従いまして、事業者Fは、【1】にお示ししたように所有する対象動産を第三者に売却したうえで、
その売却代金からの回収することで資金回収を図ることとなります
この保全措置である所有権移転を留保している対象動産の処分を事業者Fは検討しております。
具体的な実行日や金額等は今後の検討事項となりますが、先ずは対象動産の評価査定を行った同業の買取事業者へ、
対象動産の売却の打診をすることから着手となります。

(2)事業者MEの代表者連帯保証人からの回収
保全措置である連帯保証人に対して、事業者Fは内容証明郵便による催告の準備を進めることとなります。

(3)事業者MEの事業が継続されることを前提とした事業収益からの回収
事業者Fは、事業者MEの営業継続を維持しつつ、返済原資を長期に亘り捻出し続ける方策が合理的であるか、
もしくは、対象動産を現状のまま売却することが合理的かの判断をすることになります。
事業者Fは、事業者MEから送付された返済計画を更に精査し、また事業者MEとの協議を継続いたします。

2.今後の状況報告について
引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者Fと協力し、回収に努めてまいります。
該当する投資家の皆様には、さらなる返済計画の精査の状況や回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。
次回につきましては、2月初旬を目途に状況をご報告いたします。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年1月18日
匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

新しい投資のカタチ クラウドバンク


新登場アジア市場の中心沖縄クラウドファンディング【PocketFunding】

コメント