【基本】dポイント投資で損失を減らす

d-point投資

dポイント投資で負けないTTMP投資で負債を減らします。

TTMP(徹底的にまねしてパターン化の略)なので、私が検索したものを実際に身をもって試していることを書いています。すごく稼いでいる人や、ちょっとこれ普通の人には無理と思えることではなく身近に感じてもらえると思います。

Dポイント投資とは?

「dポイント投資」は、2018年5月16日に開始されたドコモのdポイントを使った投資サービスで、ポイント投資は、お手持ちのdポイントを使って投資体験ができる新しいサービスです。dポイントを「運用ポイント」に交換(追加)すると、運用ポイントが投資信託の基準価額に連動し毎日変動します。運用ポイントはいつでもdポイントに交換(引出)することができます。

 

選べるコースは2種類!

アクティブコース

債券よりも株式に大きく比重を置き、高いリターンを目指すコースです。

バランスコース

株式よりも債券にやや比重を置き、安定したリターンを目指すコースです。

※コースはスタート後も変更可能です。

 

dポイント投資が負けない(にくい)訳

dポイント投資で運用されているポイントは1日1回、平日の午後5時に変動します。

dポイント投資は、前日のニューヨーク市場の結果で投資判断が可能なので、当日午前には、ほぼ上がる下がるが分かります。さらに追加、引出はリアルタイムで可能ですので、ほぼ負けることはありません。

 

その日の結果が朝にはわかる

dポイント投資の出し入れはリアルタイムで可能です。言い換えると“結果を見てから投資ができてしまう”のです。当日の午前中にはおおよその結果がわかりますので、17時の変動前までに、下がる日は引き出し上がる日は投資が可能です。

 

dポイントをたくさん貯めて投資に

とは言っても、1日変動は1%未満がほとんどです。dポイントが少なければ損失の穴埋めにはなりません。dポイントを多くためることも必要になります。
そのためには、以下のクレジットカードや、ポイントサイトでポイントを貯めるのが早いです。

  • クレジットカードの作成やいろいろな買い物も、ポイントサイト経由でかなりポイントがたまります。

勝てる投資だけど一日のポイント追加には上限が・・

以前は、ポイントも出入は、上限なく可能でしたが、大改悪の日(2018/12/17)以降は1日あたりの追加上限が設定されています。

 

1日(※1)に交換(追加)出来るポイント数の上限は、2,000ポイントとなります。
ただし、THEO+ docomoをご利用(※2)のお客さまの上限は10,000ポイントとなります。

※1 当日午前0時から翌日午前0時になるまでの間の期間。
※2 ポイント投資をご利用中のdアカウントと同一のdアカウントでTHEO+ docomoで資産運用中かつ、積立設定済(おつり積立含む)であることを条件とします。
以前は自由に出し入れ投資ができましたが、ポイント制限ができたために大量のポイントを持っている場合は、一度全部引き出した場合は追加に日数を要します。THEOを利用することで10000ポイントまで投資できるので登録をお勧めします。
dカード GOLD|ライフメディア
dカード GOLDはライフメディア経由がお得!

コメント